見切り発車・改
fc2ブログ
2022年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2021.07.28 (Wed)

久しぶりに

2年半ぐらい間が空いたけど、その間も面白い動きがあったりしたのでこちらにも書いておこう。

あの元友人、毎日のように繰り返す自画自賛や、高い自己評価とあまりにも不釣り合いな客観的スペックが大変興味深いのでいまだにtwitterヲチしてました。
で、ご自身は容姿知識性格肉体すべてに大変な自信をお持ちの割に「なぜか」「不思議と」ご縁に恵まれず32歳にして婚活始めました。それだけでも面白いのですが、ここからが大盛り上がりです。
まずアプリで年下男性と真剣交際に入るも一年経たず相手に不満爆発して振る。不満といっても元友人が自分の偏屈な価値観を絶対視しているだけで、第三者からすれば「育った環境やこれまでの経験の違いで誰に対しても起こりうるレベル」のすれ違いです。
婚活や結婚生活では価値観の擦り合わせが必要不可欠だというのにこれを完全拒否し、大嫌いな父親とそっくり!と感情的になってしまったようです。

ちなみに彼女は昔からの父親嫌いをだいぶ拗らせていて、交際相手に少しでも父親と重なる部分があればアウトと公言したり、私含め何かトラブる度に相手を父親と重ねて父親と似てる部分がある!と30も過ぎてるのに父親を内面化しすぎている人です。
まあそこまで言うなら本当にドクズな父親なんだろうなあと思いきや、別に虐待や不倫したわけではなく、妻がPOLA愛用したりエ〇バの証人に入ったりしても自由にさせて、子供二人とも浪人留年しても大卒まで学費みてくれて、娘の好きな番組チェックして録画しておいたりとごく普通のいい父親のようです。
彼女が父親のここが嫌い!とたくさん挙げるエピソードはどれも「やや空気が読めずに失礼なことを言う」程度で、その年代の男性ならよくあるレベルでしかありません。思春期の娘が父親を嫌がるのは普通のことですが、精神年齢が思春期のまま30過ぎちゃった子供おばさんにしか思えません。

そして交際終了した後ですが、その相手もやや諦めの悪い人でLINEブロック後にtwitter経由で長文メッセを送ったそうです。
ただし内容は元友人本人ですら”ストーカーと呼ぶには弱い”おそらく自分語り多めの独り言のようなものだったと思われます。

そのメッセでなぜか元友人の怒り爆発。メッセージだけで完全にストーカーと認定し、一定期間ホテルに避難&通勤時間ずらし&引っ越し&警察に相談、と突如考えうる最上級の手段に出ました。この時点で会社にも警察にも迷惑かけまくってます。

なお元友人本人はそれらしい男にアパートで待ち伏せされたと言い張っていますが彼のアカウントも追っている私からすれば100%被害妄想です。彼のアカウントを見ているうちに不憫に感じ、また私が元友人に抱く嫌悪感を共有できる相手だと感じたのでDMで少しやり取りしましたがあれはシロで間違いないです。

またストーカー被害(妄想ですが)は弟にいち早く相談し、弟は遠方からわざわざ来てくれたりとても親身に行動していたようですが、その後のLINEのやり取りで「色々書きすぎて垢特定される方にも問題がある」と至極真っ当なことを言われただけで「私の気持ちに寄り添ってくれなかった!」と逆ギレで絶縁し、「私って孤独…関東には親戚もいない…」と自分から絶縁したくせに悲劇のヒロインになっていました。もう何も言えん。

上記のことを憎しみ満載でヒステリックに長文連投していましたがフォロワーからの反応はなく、しばらくは仲良しのフォロワーとも絡みがなかったのでドン引きされたんでしょうね。

このエピソードまでは彼女のことを非常に興味深く追っていました。
でももう見れないんですよね。鍵かけたので。
更新頻度の少ない別のSNSでしか追うことができなくなり、燃料もほとんどなくなりました。
現在は相談所で婚活中のようですが、彼女がいつも自慢しているような才色兼備っぷりがもし本当なら絶対に素敵な殿方とご縁があるはずなので頑張ってください。
スポンサーサイト



EDIT  |  17:43  |  未分類  |  Top↑
2019.03.12 (Tue)

私が抱えるコミュニケーションの問題について(続)

この世の大抵の人間には興味がないくせに、ひとたび依存できる人間を見つけるとその人間にばかり過度に執着して精神的に不安定になり、トラブルを起こしてまうというたちの悪い性分については先日書きました。
そんな私が、5年前に出会った夫との間では今のところ不思議なくらい安定した関係が築けています。

なぜこんなに落ち着いた関係でいられるんだろう?と考えてみました。
夫も極度の人見知りです。友人は中高の5~6人程度しかおらず、大学でも完全ぼっちだったそうです。ですがその中高の友人たちとは今でも連絡を取っています。友人関係において自然消滅やトラブルによる絶交の多い私からするとこれだけでもうらやましいと感じます。
ただ友人とも距離が近すぎるわけでもなく、男性同士ならよくあることなのかもしれませんが、年に一度会うぐらいで15年以上も友人関係が成立しています。
その友人たち以外との交流は極端に嫌い、ネットでのコミュニケーションも避けているのでSNSもスマホも頑なにやりません。
たまに夫が同世代ではなくおじいちゃんに見えることすらあります。
でもそんな積極的に新たなコミュニケーションを求めない性格が、特定の相手との安定したコミュニケーション(=結婚)にとても向いているなあと思います。私もコミュ障なのでコミュ障同士で出会ってから仲を深めるまでがとても時間がかかりましたが、今ではそんなのも笑い話です。
念のため書いておくと、そんな夫も娘に対しては私もびっくりするくらい愛情を注いでいます。

私がここまで楽で自然体でいられるのは、夫が他者に何事をも期待をしていないからだと思います。

あえて誰のことか書かずに言いますが、
「自分がここまで凝ったプレゼントをあげたんだから、心から感謝してくれるはず」とか、
「自分がここまで旅行の計画を練ったんだから、相手も楽しんでくれるはず」とか、
そういう相手からの一方的な期待を私が意図せずに裏切ることが、トラブルの原因の一つになっていました。
私が常に受け身で積極的に行動するタイプではないので、親しくなった人が自己愛の強いタイプだった場合「何かしてあげたくなる」対象なのかもしれませんが、往々にしてそれは私が自ら「してほしい」と言ったことではありませんでした。サプライズ的なことをして喜ばせてあげることによって自己愛を満たす、要は自己満足のボールを投げるのに都合のいい壁になっているな、と感じたこともあります。
相手からすると私が喜んで楽しんでくれたらやっと満足できるのに、私が口では礼を言いつつも本心から有難がってはいないことが滲み出てしまうから、空振りをしたようになってしまい、やがては「私がここまでしてあげたのに、お前はそれを裏切った」という怒りにつながったようです。

そういった「期待の押し付け」が、夫には全くありません。上記の人たちのように要求していないプレゼントをくれることはありませんが、そのほうが「プレゼントしたんだから喜べ」という「感情労働の無言の強要」がないので落ち着けますし、相手がプレゼントをしないのだから逆に私が相手にプレゼントをしなくてもまったく問題がなく、「ここまでしてくれたんだから私も何かしてあげなきゃいけない、相手の好みは?何をあげればいい??どうしよう…」という不必要な義務感にかられることもありません。

「年をとってもときめきに溢れるキラキラした毎日」ではありませんが、心の振れ幅の少ない落ち着いた日々を送ることのできる幸せを噛み締めています。といっても、今は娘がいるので別の意味でテンションがせわしなく慌ただしい毎日ですが。

他にも、仕事より家庭を優先してくれる、私がグータラしてても積極的に家事をやってくれる、男のプライドなどとは無縁で対等に接してくれる、など好きなところはたくさんありますが、ネットでのろけすぎても恥ずかしいので、この辺にしておきます。
EDIT  |  14:17  |  過去の回想  |  Top↑
2019.02.26 (Tue)

吐き出し口

まーた悪口書かれました。
なにが「綺麗さっぱり忘れた」だか。
まだヲチしてる私も大概だけどあれじゃあ私が言ったようにこれからも事あるごとに思い出しイライラするだろうから無理だね。

つかフィフィの件で「謝罪したんだから責めるな」が成り立つんだ?私も丁重に謝罪しましたけどね。
フィフィみたいにおちょくるような余計なことも言わずにさ。相変わらずダブスタ好きだね。

この間もtogetterでの私の書き込み見て的外れな文句を言ってたね。
togetter書き込むの控えようと思ってたけど、私が書き込むのも勝手だし彼女がそれ見てチクチク刺さるのも勝手だから書きたいことくらい我慢せずに書き込もうっと。

あと、FOならともかく、絶交宣言って(特にいい年してから)もっと端的に第三者に話してすぐ納得されるレベルのことじゃないとありえないと思ってたよ。
「リアル親友からツイッターでいいね控えろと言われた。その後謝罪があった。でも許せないので絶交した」で「それは確かに絶交案件」となる人がどれほどいる?
他に絶交した元親友も詳細は不明だけど「進路に口出された」としか言ってないし。
30過ぎてるのにお気持ちの過敏さだけは思春期ですね。


ちなみに、これはだいぶ気持ち悪いと自認するけど、ご丁寧に配属の土地書いてくれたのでたぶん会社特定できた。
だからって何するわけでもないけど。研究成果上がらなければ異動かな?まあせいぜいがんばってください。
EDIT  |  14:58  |  未分類  |  Top↑
2019.02.19 (Tue)

私が抱えるコミュニケーションの問題について

日頃考えていることはたいていtwitterでつぶやいているのですが、その中でも書けないことはあります。
単純に個人特定される内容もですが、先日の友人への愚痴をはじめ、あまりにもプライベートなことを長く書いても大人としてスマートではないですし。(その元友人は鍵なしでめちゃくちゃ私の悪口を書き、それ以外でも幼稚園小学校中学校の頃のことを一般化せずいちいち事細やかにいつまでもいつまでも愚痴っていたのが格好悪かったので、こうはならないようにしようと思いました)
それにDVやモラハラについての記事が回ってきて、一言言いたいことがあっても「そうそう!私の元恋人も~」なんて書くわけにいかないし。

上記のような過去の終わったことはもう散々過去記事で書いたので、今回は私の困った性質について書こうと思います。

まず、私はほぼ友達がいません。
中学までの同級生はFacebookで友達登録している人が数人いるだけで交流ゼロ。
高校の同級生も例の元友人が一人だけ15年も続いただけで、他の人は高校卒業して1回会った程度で縁が切れました。

自分でも嫌になる性質があるのですが、私は学校のクラスなどの集団に投げ込まれてもそのほとんどの人に興味が沸かず、したがって自分から関わる気になれません。興味のないあの集団と無理矢理会話しなければならないならいっそ孤立してたほうが安心する、とまで思います。
そんな中でたまに、なぜだか一人だけキラキラと輝く、漫画やアニメなら重要人物として名前付きで全身で初登場するような「仲良くできる人」を見つけます。その人だけは他のモブ集団と一線を画すように見えるのです。
なにも一目見た瞬間にそう思うわけではなく、なんとなく話をして、なんとなく一緒にいるうちに「この人は他の人と違う、私を認めてくれる人だ」と確信するのです。傾向としては「むやみに人の悪口を言わない」「人と違うコンプレックスがある」「私の偏屈な価値観を理解してくれる」「私の憧れるルックス(細身、髪がサラサラストレートなど)」といったタイプが当てはまります。
他の人にはまるで興味がないのに、その人とだけはいつも一緒にいようとします。たとえ他の友人が一緒にいても何を話せばいいのかわからないのを恐れて、安心して会話できるその人にばかり話しかけてしまいます。
おかげで生まれてこのかた、一対一の付き合いではない「集団での友人付き合い」というものが上手にできた覚えがありません。

せめてそれだけで終わればただの「一人としか話せない人」なのですが、私のほんとうにほんとうに嫌なところは、嫉妬してしまうんです。同性の友達相手に。
その人が私と仲の良くない他の人と仲良く話をするぐらいはいいのですが、次第に二人しかわからないことで笑ったり親密になっていくのを見ていると、自分の拠り所がなくなったような激しい孤独に襲われます。最後はその人のことしか考えられなくなり、思考回路がおかしくなります。
それが原因で中学は不登校になりました。でもそれはまだ損失が自分に向かっているのでマシな方でした。高校の同級生で「重要人物」だった私の特別な友人に対しては、私の人生で一番残酷な嫌がらせをしてしまいました。
表沙汰にはなっていませんが、親を巻き込んでそれなりに話が大きくなったこと、そして今ここで詳細を書くと当時の異常な精神状態がカムバックしてしまいそうなことがあるため書きません。というかおぞましくて書けません。
その後悔があるため大学では同じ轍を踏まないように心に決めました。学部では幸いにも(?)「重要人物」になった人がいなかったのでコミュ障なりにぼっちで過ごしていました。まあその後元恋人との関係性では見事に嫉妬深さ疑り深さが再発しトラブルを繰り返していましたが、冷静に考えてもあれは元恋人がクロだったため罪悪感はありません。痴話喧嘩からのモラハラに展開はしましたが、あれは私が被害者であるため喉元を過ぎれば心に引っかかるものではありませんでした。高校の元親友のほうが、一方的に私が加害者で親友を苦しめた事実があるため、今でも後悔しています。

そういう経歴があるため、私はただのコミュ障なだけでなく、いわゆるボーダー的要素(診断されたわけではありませんが)があることを否定できません。

こんな厄介な病気みたいな人格を抱えて、果たして私は将来どうなってしまうんだろう。
結婚なんてできるんだろうか…

と思っていましたが、夫とは今のところ不思議なくらい仲良くやっていけています。
長くなったのでそれに関しては次の記事で書きます。
EDIT  |  16:00  |  過去の回想  |  Top↑
2018.12.19 (Wed)

元友人について再度愚痴

(トラブル後に下書状態で放置していたのを加筆。かなりレベルの低いただの愚痴です)

暇なので彼女が以前やっていたブログを読んでいた。

うん、この頃の彼女は私の友達の彼女だな。
日常で嫌なことがあれば普通に落ち込んで反省するし
物事をはっきりとは言うけど無闇に他者を攻撃したりしていない

今の彼女は…
炎上案件にことごとく自ら首つっこんでは煽る
左右に偏りがあり、私にツッコミを入れられてからは過激な政治垢をRTするだけの無責任な思考停止
皇室を敬うのはいいが他者を皇室への敬意が足りないと叩く
やはり見えない敵と戦っているご様子

あの頃の彼女は教授から叱責されても自分には目指す研究があるからと他大学院を何度も受けて合格して
その姿勢は尊敬していたけど結局研究が芳しくなく、就活して単位取得退学
20代を全部研究に捧げてまでして一体何を成し遂げたのやら
大学受験から何から人生全て自らの能力に対するあまりにも過剰な自信とハッタリで突き進んでこれて
研究室までは特に何も成果上がらなくても放置されただけだろうけど
仕事となるとそうもいかないよね
就職先で失敗するのが楽しみです

私のことは綺麗さっぱり忘れたと強がっているけど、何かで思い出すたびに愚痴っている模様
向こうも友達少ないからね、仕方ないね
今回の件ですら自分に非は一切ないと信じているようだし、どうぞ好きに愚痴るだけ愚痴ってどんどん狭量になって自分を改める機会を失っていつか周りに誰も近寄らなくなればいいさ
EDIT  |  16:02  |  日常  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT